よくあるご質問

カーテンサイズの採寸方法

このページでは、お客様から寄せられた「カーテンサイズの採寸方法」を掲載しています。また、こちらに掲載されていない質問・ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。

仕上がり巾(W)
カーテンレールの長さを測り、レール長さの約3~5%程度のゆとりを加えたものを仕上がり巾(W)としてください。 ※仕上がり巾についてはご指示いただいたサイズに耳の部分(メーカーにより異なり、左右各2.5~3cm程)が加わりますので、ご了承ください。
仕上がり巾(W)
装飾レールと機能レールのダブルの場合、ドレープ・レースのサイズは異なります。 ドレープ・レースそれぞれのレールの長さより算出してください。
仕上り丈(H)〔掃き出し窓〕窓の最下部が床面の位置まである窓
ランナーのカン下(ランナー穴内下側)から床までの長さを測り、1~2cm短くします。
※ドレープカーテン:カン下実測寸法のマイナス1cm程度。
※レースカーテン:カン下実測寸法のマイナス2cm程度。
仕上り丈(H)〔掃き出し窓〕窓の最下部が床面の位置まである窓
例)ドレープカーテン:180cm-1cm=179cm 
レースカーテン:180cm-2cm=178cm(ドレープカーテン丈より1cm短くします)
仕上り丈(H)〔中窓・腰窓〕窓下に壁がある窓
ランナーのカン下(穴内下側)から窓枠までの長さを測り、15~20cm長くします。
※窓下に飾り棚やテーブル・ベットなどおく場合は高さを考慮し丈の長さを決定します。
※遮光や遮音カーテンの場合は丈を長めに取る方が機能効果が大きくなります。
仕上り丈(H)〔中窓・腰窓〕窓下に壁がある窓
例)ドレープカーテン:100cm+15cm=115cm
レース:100cm+14cm=114cm(ドレープカーテン丈より1cm短くします)

装飾レールと機能レールのダブルの場合、ドレープ・レースの高さが異なる場合があります。
ドレープ・レースそれぞれのレールの高さより算出してください。

吊り元のレールとフックの種類

カーテンを吊るフックはレールのタイプや取り付け方により「Aフック」「Bフック」を指定してください。

カーテンレール別カーテンフックの選び方(例)
カーテンレール別カーテンフックの選び方(例)
Aフック〔天井付け〕 カーテンボックス、装飾レールに使います
Bフック〔正面付け〕 一般レールを見えない様に隠すタイプ(正面から見るとレールは隠れます)
※装飾レール・一般レールの組み合わせでは、Aフック・BフックやAフック・Aフックとなる製品もありますので、ご使用になるカーテンレールの仕様をご確認ください。
カーテンフックの種類
カーテンフックの種類
お届けするフックの種類は特別な場合を除きアジャスターフック(カーテン丈を微調整できるフック)でお作りします。
※AフックBフック共、カン下(ランナーの穴内部下側から)の寸法をお知らせください。
※総丈は、ご指定のサイズにAフック+1cm、Bフック+4cmを加算した寸法となりますので、ご了承ください。
※総巾は、ご指定のサイズに耳の部分+2.5~3.0cm(メーカーにより異なります)が加わりますので、ご了承ください。
よくあるご質問
  • カーテン採寸に関するご質問
  • ショールームに関するご質問
  • 商品に関するご質問
  • 施工に関するご質問
  • メンテナンスに関するご質問
  •    
キャンペーンのご案内